30代ニキビケア 原因

30代ニキビケア 原因



30代になると、
繰り返しニキビができるといった悩みが、20代以上に増えてくる傾向があります。
これは、30代になり肌の水分量の低下と増加する皮脂のコントロールが難しい事があげられます。

また、30代になると子育てによるストレスや仕事に対するストレスが大きくなったり、
生活習慣の変化も大きな時期で肌のバランスが崩れ、
ニキビが出来やすくな治りにくなる傾向があるようです。

若いころは脂性肌の方が多くニキビになります。
これは通常の人より皮脂が多く分泌されるため。

しかし、30代になると、生活習慣の乱れ、ストレスなどが原因で肌荒れ、
乾燥を起こしやすく、これがニキビの原因となっていることが多い傾向があります。

若い時は皮脂線の多いTゾーンにニキビが出来やすい傾向がありますが、
30代になると皮脂線の少ないUゾーンにニキビが出来やすい傾向があります。

これは、肌の乾燥が原因で古い角質が毛穴に詰まってしまうため、
予防するには肌のバリア機能を回復さる必要があります。
効果的な方法は保湿です。

また、30代は若い時とは違い老化が見え始めること。
そのため20代までのスキンケアとは違い、肌の健康を維持、
高める美容成分などを積極的に取り入れ『攻めるスキンケア』が大切ですよ。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。