20代 ニキビケア 方法

20代 ニキビケア 方法



20代ニキビケアの主な原因は肌の乾燥と古い角質の蓄積。
肌の代謝が悪くなるとターンオーバーがみられ古い角質が毛穴つまりの原因になります。

ターンオーバーがみられると肌の乾燥をまねき、
毛穴つまりの原因の角質が厚くなり大人ニキビの要因となります。

20代のニキビケアの方法はターンオーバーの乱れを防止する規則だたしい生活。
そして、乾燥を予防する保湿が大切です。

肌の乾燥を予防・改善する効果的な方法、ポイントは、『洗顔』と『保湿』。

10代の頃は、過剰に分泌される皮脂を洗い流す必要があったため、
20代でも10代の頃のような洗顔を行っていると、逆に肌の乾燥の原因となります。

20代以降の洗顔は、
油分の含まれる物や合成界面活性剤が含まれているような洗顔料はNG。

あまり洗いすぎると、肌への刺激になる。
さらに、お肌を守るために必要な皮脂まで洗い流してしまい、
肌の乾燥の原因になります。

基本的にはぬるま湯でやさしく洗ってあげる事。
そして肌に刺激の少ないノンオイルなどの製品がオススメ。

洗顔の後は乾燥しやすいので、
しっかりと保湿してあげましょう。
肌のバリア機能の改善にはセラミドが配合されたニキビケア化粧品も有効的。
セラミドが不足すると肌のバリア機能が低下し、乾燥、ニキビの原因になりますからね。

そして、ビタミンC誘導体もオススメ。
ビタミンCは美肌の万能薬ともいわれる成分。
でも、ビタミンCは肌から吸収しにくいんです。
これを肌に吸収しやすくしたものがビタミンC誘導体。
高い効果を期待するには浸透性の高い製品選びが重要です。

また、ビタミンCは、化粧品など外側から起きなってあげることプラス、
内側から補ってあげることも効果的です。
食生活においてもビタミンCを積極的にとりいれましょう。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。