20代 ニキビケア 硫黄製剤

10代の思春期ニキビと、

20代の大人ニキビは原因が違います。




そのため、にきびの治療を10代と同じ方法をとっていると、

繰り返してしまうことがあります。


良く言われているものに、硫黄製剤入りの治療薬があります。


10代の頃は、成長ホルモンの影響で皮脂が過剰分泌されます。

そのため多少肌を乾燥させることは大きな問題にはなりにくい。

でも、20代はそもそも肌の乾燥が根本の原因だったります。


10代の思春期にきびによく利用される治療薬に、

クレアラシル、ビフナイトといったものがあります。

これらの製品には、硫黄製剤が含まれています。

この硫黄製剤はとてもにきびに効果的な成分です。


まずは、殺菌作用。

これはにきびの原因となるアクネ菌を減少させる効果です。


そして、角質を柔軟にする作用。

これにより、毛穴が詰まるのを防ぐ効果があります。


あと、皮脂の分泌を抑制し、肌表面を乾燥させる効果があります。

これは、10代のころにはとても有効的な効果です。



でも!

20代以降の大人には、

これらの効果のうち、肌表面を乾燥させる効果がデメリットになることがあります。


10代の頃を考えるとにきびができると、

肌を乾燥させるとにきびが改善しそうなイメージを持った方が多くいます。

しかし、大人にきびの主な発生原因は肌の乾燥。

なので、この硫黄製剤の肌表面を乾燥させる効果は逆効果になることがあります。



もし、硫黄製剤を利用した治療薬を利用していて、

にきびを繰り返す。

なかなか治らないなどの症状がある場合は、

硫黄製剤の成分を含む治療薬は避けたほうがいいかもしれません。


もしからすると、

角質層の水分まで奪われ、肌バリア機能の低下をまねいているかもしれませんよ。

もし、症状をどうしても繰り返してしまうといったケースにはまっている人は、

まずは、保湿を行うケアをためしてみるといいかもしれませんよ。


大人にきびの改善には保湿はとても大切です。

大人にきびは肌が乾燥して、

肌のバリア機能が低下。

そして、それを改善、保護するために皮脂が過剰分泌され、

その結果、毛穴つまりが発生している事があります。


原因になっている乾燥を防止してあげることで、

肌のターンオーバーを正常化させ、

健康的な肌を作ることが大切です。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。