20代 ニキビケア 原因

20代 ニキビケア 原因



20代にになるとそれまでの10代の時とはちょっと違うニキビアを行う必要があります。
それは、10代の頃とニキビの発生原因が違うからです。

20代前半は10代の時とのケアの違いに戸惑う方も多いようです。
20代になって中々ニキビが治らないなと感じたらケア方法を変えてみるのがいいかもしれません。

10代のニキビの原因は、成長期の成長ホルモンの働き、
ホルモンバランスの乱れが原因で皮脂が過剰分泌されるためです。

20代になると成長期特有のホルモンの働きは止まるため、
10代の頃のニキビは自然におさまります。

でも、20代になってもニキビができるって方は、
生活習慣の乱れ、食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスなど原因は様々です。
そのため原因究明、改善が難しくニキビを繰り返す人が多くいます。

改善に大切なのは、根本の原因を取り除いてあげることです。
でも、ニキビになるって事は肌の免疫力が下がっている証拠。
ニキビ予防・改善にはには、肌スキンケアが大切なポイントとなります。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。