思春期ニキビケア

思春期ニキビ 原因



思春期はTゾーンと言われる箇所に出来やすいものです。

Tゾーンとは顔のこめかみ・額から鼻に当たりのラインになります。

この部分は、顔の中でも皮脂線が多い部分。

そして、毛穴の数が顔の他の部分にくらべて7倍近くあるといわれています。


思春期特有のホルモンの働きで皮脂が過剰に分泌されるのが思春期ニキビの主な要因です。

皮脂が過剰に分泌されると、これが毛穴につまり、アクネ菌が増殖し炎症などを起こします。



思春期ニキビケア



予防・改善に大切なのは、肌を清潔に保つことです。

思春期の肌は新陳代謝が活発で、ターンオーバーがはやく、

思春期は肌の回復力、角質層のセラミド・NMFの生成も活発で健康な状態であることがほとんど。


しっかりと洗顔を行い、過剰に分泌されてしまっている皮脂や毛穴つまりの原因になる汚れ、

等を洗い流してあげる事で、炎症などの状態を抑えることができます。


思春期はにきびが出来やすいホルモン状態であるため、

繰り返しおこさないようする対策が大切です。


炎症などを起こしてし悪化してしまうと

にきび跡、クレーターなどの原因になる可能性もあるので、

炎症は薬用化粧品、薬などで鎮めてあげましょう。



思春期 保湿



思春期は、皮脂の過剰に分泌されるので、

乾燥させた方がいいようなイメージもしますが、

思春期も保湿は大切です。


洗顔後に肌が乾燥しすぎると、

バリア機能が低下、水分保持力もおちてしまいます。

化粧水などで適度に保湿して上げることは有効です。



思春期ケア 洗顔



保湿は重要、つまり洗顔にも注意が必要。

皮脂を洗い流そうとするあまり、洗いすぎると乾燥の原因になります。

洗浄力が強すぎる洗顔料などは乾燥の原因になるので避けた方がよいでしょう。

また、洗顔時にゴシゴシと洗うのもNGです。


炎症などがある場合、刺激してしまい炎症を悪化させることになりかねません。

刺激をさせるようにやさしく洗顔の洗いを行いましょう。



思春期ケア 食生活



大人の原因でよく、食生活の乱れなどがあげられていますが、

思春期の場合でも良い食べ物と、悪い食べ物は同じです。

油の強いものを食べると皮脂もあぶらっこくなりよくありません。

野菜などを摂取しビタミンなど良いといわれる栄養素を積極的にとりいれましょう。


○良いもの
 ビタミンA・・・・とりレバー、ウナギ、ニンジン、ニラ、ホウレンソウなど
 ビタミンB2・・・ぶたレバー、ホウレンソウ、卵、納豆、牛乳、キャビアなど
 ビタミンB6・・・タラ、セロリ、さつまいも、大豆、イカ、タコなど
 ビタミンC・・・・レモン、ブロッコリー、小松菜、モロヘイヤ、パセリなど
 ビタミンE・・・・たらこ、マーガリン、あんこうのきも、せん茶の茶葉、抹茶など

 亜鉛・・・・・・牡蠣(生)、松の実、抹茶(粉)、ごま、納豆、うなぎなど
 
 食物繊維・・・・モロヘイヤ、納豆、しそ、パセリ、ごぼう、おからなど












|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|