大人ニキビケア 原因

大人 ニキビケア 原因



思春期の時と大人になってできるにきびって原因が違う。

思春期では、思春期特有の成長ホルモンの働きが原因でおこる場合が多く、

この場合は、ある程度の時期が来ると改善します。


しかし、大人になってできるものは、

ほっておいて原因改善とはいかない原因が多くあります。

大人になってできる原因は日常生活に潜んでいます。

よくはストレス、ホルモンの乱れ、睡眠不足、食生活の乱れなどがあげられます。


また、大人になると顔にできるだけでなく背中やお尻、デコルテなど

様々な部位でできるものです。

各部位によって特有の原因がある場合があります。

にきび改善は、部位別に考え行ってあげることも大切です。




背中 にきび 原因



皮脂の過剰分泌ってにきび発生の原因になります。

背中の肩甲骨の周りって皮脂線が集中しており、にきびのできやすい部位です。

背中は自分では普段は見えにくい、

そのため、かゆみや炎症などの痛みがでてはじめて気づくって事がわりとあります。


思春期では、背中にはできたことがないのに、

20代になって背中に!

って方がわりと増えてきています。


背中にできる原因もやはり、

大人になっての原因でよく言われるものの

ストレス、生活習慣の乱れ、睡眠不足などがあります。


その他の原因では、

摩擦や刺激、肌の乾燥などが考えられます。


背中は普段多くの時間、衣服や下着などに接しています。

そのため衣類のすれや汚れなどが原因になっていることがあります。




背中 にきび 原因 パジャマ!?



たとえば、パジャマ。

これって毎日交換、洗濯してますか?

もしかすると、パジャマがにきびの原因になっている。

人は寝ているときに汗をかきます。

およそ500mL程度の汗をかくと言われています。

パジャマって外に出たり、汚れるような作業を行ったりってあまりしませんよね。

そのため、見た目は綺麗にみえます。

でも、実は汗で汚れて雑菌の温床になっていることが・・・。

これが原因でにきびになることもあります。

ニキビケアは肌を綺麗に保つことも改善のポイントです。




背中 ニキビケア 原因 ジャンプー



背中にきびの原因に良くあげられるのが『シャンプー』

シャンプーやコンディショナー、トリートメントなど髪を洗う際にしっかり流さないと、

背中の毛穴に入り込んでしまうことがあります。

そうなると肌がダメージを受けてにきびの原因になります。


また、お風呂の時にどういった順番で体を洗っていますか?

髪の毛のケアのために、

トリートメントを行っている時間に体を洗い、

その後にトリートメントを洗い流すといった事を行っている方がいます。

これがにきびの原因になることがあります。


背中って自分では見えにくい個所。

そのため、トリートメントを洗い流した時に、

背中に成分が残ってしまうことがあります。


まずは頭を洗った後に、

体を洗うといった習慣を付けると、

この洗い残しが防止できます。


他に、シャンプーも洗浄力の強いものをりようしていると、

洗い流す際に背中の皮脂を洗い流してしまうことがあります。

皮脂って肌を乾燥から守る働きをもっています。

そのため、過剰に洗い流しすぎると肌の乾燥をまねくことがあります。

にきびができてしまって、なかなか改善しないなら、

ジャンプ―は刺激の少ないオーガニックシャンプーなんかがオススメです。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。