ニキビケア アクネ菌は善玉菌!?

ニキビケア アクネ菌は善玉菌!?


アクネ菌は実は善玉菌。
そう言われるとホント!?
って思う人も多いかもしれませんね。
だってニキビの原因菌はアクネ菌なんですからね。



人間の肌には、皮膚常在菌っていう微生物が存在しています。
この皮膚常在菌はアクネ菌や表皮ブドウ球菌、マラセチア菌、そして黄色ブドウ球菌などがあります。
これらの皮膚常在菌は安定して生息している時には、特に問題になることはありません。
しかし、バランスが崩れてしまうと肌トラブルの原因になります。

アクネ菌も常在菌のひとつで普段は肌の表面を弱酸性に保ち、
カビなどの外敵や花粉などの刺激から肌を守ってくれている大切な菌なんです。
アクネ菌がいなくなるとバリア機能が低下し、
これらの刺激から肌を守ることが出来なくなり肌トラブルが発生してしまいます。
実はアクネ菌は美肌維持のための大切な善玉菌なんですね。





ニキビケア アクネ菌はニキビの原因菌


アクネ菌は美肌を維持するために必要な菌です。
しかし、アクネ菌がニキビの原因となっているのも確かな事実。

アクネ菌が増えすぎると炎症、ニキビになってしまいます。
アクネ菌が少なくなりすぎると肌トラブルが・・・。
つまり、ニキビケアの基本はこのアクネ菌とうまく付き合っていく。
コントロールしてあげることが大切です。


ニキビケアの基本はアクネ菌のコントロール


アクネ菌とうまく付き合う、コントロールするためにには、まずアクネ菌についてよく知ることが必要です。
アクネ菌は嫌気性であり酸素嫌います。
また、好脂性であり油脂を好む菌なんです。

そのため皮脂が詰まり毛穴をふさいでしまうと、酸素が少なくなりアクネ菌が好む環境となり増殖します。
また、毛穴につまった皮脂を分解すると脂肪酸ができて、これが肌を傷つけて炎症を起こしてしまいます。これが赤ニキビと言われる状態です。

では、アクネ菌を全て殺菌してしまえはいいかというとそれは間違い。
アクネ菌は皮膚常在菌であり肌の健康維持のために必要な菌です。
基本的に大切なのはアクネ菌を増やさないこと。
そのためには、アクネ菌の好む毛穴つまりをさせないことが大切です。



正しい洗顔を行い、毛穴つまりを起こさせない、また改善してあげることで、
アクネ菌が増殖しやすい環境をつくらないことがニキビケアの大切なポイントです。
ここで注意したのが洗顔をしすぎないこと。
洗顔をしすぎるとアクネ菌などの皮膚常在菌が減りすぎてしまう危険性があります。
正しい知識をもって洗顔などのニキビケアを行い、強い健康的な肌を作りましょう。





コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。