秋に行うべきニキビケア対策



秋は1年の中でも肌トラブルが起こりにくい時期と言われています。
でも油断するとニキビができてしまう要因は多数存在しています。
秋だからと気を抜いているとニキビが出来ちゃうかも!


ニキビケア 秋 紫外線


紫外線の強い夏。
その後の秋も9月頃はまだ紫外線が強い時期です。
夏が終わった!
と油断していると、肌トラブルが起こる可能性があります。
紫外線対策は9月以降もしばらく継続して行っておくのがオススメです。


ニキビケア 秋 乾燥


夏から秋になると徐々に空気が乾燥してきます。
冬ほどではないですが、大人ニキビの主な原因は乾燥です。
乾燥がはじまる秋の時期はスキンケア用品の見直しの時期。

夏にさっぱり系の化粧品を利用していた方は、
10月ぐらいを目途に乾燥対策をはじめましょう。
特に顔などでは乾燥しやすいUゾーンには注意が必要です。
化粧水で肌を潤し、乳液や美容液、クリームなどを利用して保湿ケアを始めていきましょうね。


ニキビケア 秋 花粉


花粉といえばまずイメージするのは春ですが、
秋の時期にも花粉は飛んでいます。
秋の花粉は、ブタクサ、ヨモギ、そしてイネ科などが中心。
9月から10月にはこれらに注意が必要です。

乾燥対策などを行い肌のバリア機能が低下しないように注意しましょう。
肌のバリア機能が低下すると花粉などの刺激で肌トラブルが起こることも。
また、不規則な生活は肌の健康を悪くし、バリア機能の低下の原因になるので、
バランスのとれた食事、十分な睡眠などを行い、健康的な肌を維持してあげましょうね。


一見、肌のトラブル要因が少なく見える秋ですが、
実は複数のトラブル要因が存在します。
ニキビケア対策、油断しているとニキビが出来ちゃうこともあります。
この時期、油断しないようにしっかりとニキビケア対策を行っておきましょうね。
秋、この後は大人ニキビの天敵である乾燥の冬がやってきます。
秋に肌ダメージを受けないように注意しましょう。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。