大人ニキビができてしまったとき大切な事




大人ニキビができてしまったとき大切な事



大人ニキビができてしまった。

そんなときに気おつけたい大切な事。

覚えておきたい4つのポイント!




  大人にきびができたら「つぶさない」事。

  確かに、

  にきびは潰して芯を取ると治りやすいといった事はあります。

  皮膚科などのプロが行うならまだ良いのですが、

  炎症を起こしてしまったような

  にきびを潰すと雑菌が入り、化膿し

  そして最悪はにきび跡になってしまうといった可能性があります。

  にきびができたら気になると思いますが、

  不用意に潰さないようにしましょう。





  「触らない」これも大切です。

  にきびができたら気になって触ってしまう人が多くいます。

  しかし、この行為は雑菌が入り込んで悪化してしうまリスクがあります。

  にきびができたらなるべく刺激を与えないことが大切です。

  髪の毛が触れると刺激になったり、雑菌が入ったりします。

  その他、洗顔時などもなるべく刺激を与えないように、

  やさしく洗ってあげましょう。





  「過剰な洗顔はNG」
  
  にきびができると肌を清潔にしないとと思うがために、

  過剰に洗顔を行ってしまう人がいます。

  洗顔をすると汚れが取れ清潔になる。

  それ自体は間違っていないかもしれませんが、

  過剰に洗顔を行うと、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

  そうなると、肌が乾燥し、それを補うために、

  余分な皮脂が分泌されます。

  その皮脂がにきび悪化の原因になったりします。

  また、肌には常在菌といわれる菌がいます。

  にきびの原因菌であるアクネ菌もこの常在菌の一種。

  常在菌は肌を外敵、カビや花粉といった刺激から守る働きを持っています。

  過剰に洗顔を行うことは、

  肌の健康維持に必要な常在菌を減らしてしまう事になります。

  過剰に増える常在菌は肌トラブルのもとですが、

  一定の常在菌は美肌作りに必要なものです。

  にきびができたからといって、

  過剰な洗顔はかえって逆効果です。

  洗顔料を利用するような洗顔は1日2回までにしておきましょう。





  にきびが悪化し気になる場合は、

  「早めに皮膚科」」で見てもらいましょう。

  初期の段階であればセルフケアの対処もいいと思いますが、

  炎症を起こしてしまったようなものは、

  ケア方法を誤ると、

  にきび跡など取り返しのつかない状態をまねく危険性があります。

  面倒だなって思っても、

  早めに皮膚科を受信することをオススメします。




まずは、十分な睡眠、ストレス解消、規則正しい生活、

バランスのとれた食事などを心がけ、

にきびのできない健康な肌作りを行うことが大切。


しかし、大人にきびができたら、適切な対処を行いましょう。

間違ったニキビケアは状態を悪化させることがあります。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。