ニキビケア pHバランス



ニキビケア 美肌づくりのためのpHバランス



pHとは水素イオン濃度指数で1~14の値で表します。
pH7が中性でそれより低い数値だと酸性、pH7以上の数値だとアルカリ性となります。
体は、phは7の中性、もしくは多少のアルカリ性の状態が良いそうです。

肌がアルカリ性によりすぎると、ニキビ、乾燥、しわなどのトラブルがでるそうです。
肌をバクテリアなどから保護するためにはph5.5程度の角層が理想だそうです。

肌の健康を保つためには肌のphを整えることは大切(^^)/
肌がかゆい、皮がむけるなんてときはphバランスがうまくいっていないケースが多いみたいです。


ニキビケアにもつながるpHバランスの整え方



ニキビケアでは食生活の改善は大切だといわれます。

野菜は果物などのアルカリ性、肉類、魚類は酸性が多いそうです。
ニキビが出るときはアルカリ性に肌が寄っている可能性がある。
なので酸性の食べ物ばかりをためるってのはダメみたいです。

phバランスを正常に保つには、洗顔の時に石鹸などアルカリ性のものを使用しない。
洗顔用の洗顔料を利用して過剰に皮脂を取り除かないようにする。
また、洗顔時にあまりごしごし洗って刺激を与えない。
お湯で洗わない、洗顔後には保湿を行い、基礎化粧品などターンオーバーを促すものを利用するといいそうです。

こうやって見てみると、
ニキビケアの基本を行っておけばOKって感じがしますね。
ニキビケアは肌を健康的に保つことです。
つまり、正しいスキンケアと規則正しい生活を心がけることが大切です。





コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。